top of page

iPhoneの画面修理が簡単になりました。アップル独自の外部設置拡大機器が導入されました。



アップルは、iPhoneのスクリーン修理を行うために、独自の修理機械を外部の修理センターに設置する計画を進めています。この機械は「ホライゾン・マシーン」と呼ばれ、約400カ所に設置される予定です。アップルは、スクリーン修理待ち時間の問題に対応するため、修理機械の導入を急いでいます。ホライゾン・マシーンの設置は既に始まり、マイアミ、サンフランシスコ・ベイエリア、ロンドン、上海、シンガポールなどの修理センターで使用されています。アップルはさらなる展開を計画しており、年末までには200カ所以上に設置したいと考えています。


ホライゾン・マシーンは、割れたスクリーンの修理を迅速に行うだけでなく、複雑な故障にも対応できます。特に指紋認証センサーなどスクリーンの裏側にある部分の修理には、アップルの専用機械が必要とされています。


これまで多くのiPhone利用者は、アップルの直営店や認定修理店以外で修理を行っていましたが、アップルの専用機械を使用することで、修理の品質やセキュリティの面でも安心できるでしょう。修理機械の設置拡大により、より多くの人々がスムーズに修理サービスを受けられるようになると期待されます。


一方、一部の州では、修理業者を支援するための法案が提出されており、大手メーカーに対して修理マニュアルや部品の提供を求める動きもあります。アップルなど一部の企業はこれに反対し、修理の品質とセキュリティを維持するための理由を挙げています。


アップルは、修理サービスの向上を通じて顧客満足度を高める取り組みを行っており、今後もさらなる発展が期待されます。修理が必要な場合は、アップルが認定した修理センターで信頼性の高いサービスを受けることができます。

閲覧数:1回0件のコメント

留言


bottom of page