top of page

スマートフォン故障時の対処法とデータ復元方法を分かりやすく解説します!安心して問題を解決しましょう。



スマートフォンが突然故障すると、「友達と連絡が取れない!」や「地図が見れなくて目的地に辿り着けない!」など、さまざまな不安が生じるでしょう。しかし、最も心配なのはおそらく「データが復元できるのか?」ということではないでしょうか?


以下では、スマートフォンの故障状況に応じて、いくつかのデータ復元方法を紹介します。


【充電ができない場合】

スマートフォンの充電が正常に行えない場合は、まず使用している充電器を変えてみましょう。充電器自体に問題がない場合は、ショップに持ち込んで、ショップの充電器で充電ができるか確認してもらうことをおすすめします。


【本体の一時的なエラー】

長期間使用していると、スマートフォン本体に一時的なエラーが発生し、一時的に使用できなくなることがあります。この場合、本体を強制再起動させると、再び使用できる可能性があります。ただし、iPhoneとAndroidでは強制再起動の方法が異なります。


- iPhoneの場合:

1. 音量を上げるボタンを素早く押して離し、次に音量を下げるボタンを素早く押して離します。

2. その後、右側のサイドボタン(電源ボタン)を押し続けます。

3. Appleのロゴが表示されたら、ボタンを離します。


【水没した場合】

もしスマートフォンが水に濡れてしまった場合は、以下の対処法に従いましょう。水没したスマートフォンの電源を入れることは絶対にやめてください。電源を入れると、内部の水分と電気がショートしてしまい、取り返しのつかない状態になる可能性があります。


- 対処法:

1. スマートフォンの水分をよく拭き取り、ケースをつけている場合は外します。

2. SIMカードやSDカードを抜き、水分を拭き取ります。SDカードが挿入されている場合は、抜いておくことで損傷を防ぐことができます。

3. ス


マートフォンとシリカゲル(乾燥剤)を密閉できる袋に入れ、1日から2日間乾燥させます。シリカゲルは100円ショップなどで手に入れることができます。


【画面が割れて操作できない場合】

スマートフォンの画面が割れて操作ができなくなった場合は、マウスを接続して操作する方法があります。ほとんどの機種ではマウスの接続が可能で、これによりスマートフォンをマウスで操作してデータをバックアップすることができます。


【上記の対処法が効果がない場合】

上記の方法を試してもスマートフォンが動かない場合、自分自身でデータを復元することは困難になります。この場合は、クラウドサービスからの復元や専門店にデータ復元を依頼することが適切です。


- クラウドサービスからの復元:

iPhoneやAndroidの場合、クラウドサービスにデータをバックアップしている場合は、そこからデータを復元することが可能です。iPhoneの場合は「iCloud」、Androidの場合は「Google One」を使用することができます。また、携帯キャリアごとに独自のクラウドサービスも提供されています。


なお、スマートフォンの故障によってデータが失われるリスクを最小限にするためには、定期的なバックアップが重要です。データを頻繁にバックアップしておくことで、万が一の故障や紛失時にも大切なデータを守ることができます。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page